スコッチウイスキー・エクスペリエンス.エディンバラの地で愉しむウイスキー・エクスペリエンス

by Conpanna
116 views


旅の道中に、異国のバーカウンターで愉しむ至福の一杯。

イギリスで執筆された近年で有名な小説と言えば、ハリーポッターシリーズが思い浮かびます。そんなハリーポッターの物語ですが、スコットランドのエディンバラで書かれ始めたということをご存知でしょうか。著者であるJ・K・ローリングは第1巻を「THE ELEPHANT HOUSE」という街の中のカフェで書き始め、最終巻はバルモラルホテルという市内のホテルで書き終えました。

スコットランドという国名を聞いた時、皆さんは何を思い浮かべますか?ハリーポッターの最終章が書かれたホテルがある地、スカートのような伝統衣装「キルト」で有名な地、はたまたNHKドラマ「マッサン」エリーの出身地。
趣味嗜好によって、想起されるイメージが変わってきそうですね。

NHKドラマ「マッサン」といえば、ニッカウヰスキー創業者の物語でした。スコットランドは、ウイスキーで非常に有名な地なのです。

今回は、エディンバラ旅行時に訪れたスコッチウイスキーエクスペリエンス(The Scotch Whisky Experience)についてご紹介していこうと思います。

スコットランド・エディンバラってどんなところ?


スコットランド(英語: Scotland)は、北西ヨーロッパに位置するグレートブリテンと北アイルランド連合王国(イギリス)を構成する4つの国のひとつのことです。
中でもエディンバラは、スコットランドの首都であり、歴史的建造物が立ち並ぶ旧市街と均整のとれた新市街が織り成す美しい街並みが、世界遺産に登録されています。

エディンバラは個人的にとても好きな国で、今までに2回訪れたことがあります。実際に世界遺産にも登録されている、その美しい街並みを見てきたのですが、レンガ作りの美しい建築物と比較的新しい建築が作り出す街並みがとても美しい都市でした。
小学校や中学校の理科の授業で学習した、クローン羊のドリーもスコットランド出身です。

都市部から少し離れた箇所にある、アーサー王の玉座(アーサーズ・シート)周辺には自然も広がり、自然と都市との融合も楽しむことができる都市でした。

ハリーポッター最終章が書かれたバルモラルホテル


冒頭でもお話ししたように、バルモラルホテル(英語: The Balmoral Hotel)というホテルも有名です。町のほぼ中心にあるバルモラルホテルは、エディンバラのランドマークにもなっています。
オープンは1902年と100年以上と長い歴史を持つものの、内装は適度にリフォームされているため美しさを保っています。

気軽にアフタヌーンティーも楽しむことができるので、エディンバラへ訪問の際にはぜひ立ち寄っておきたいところです。

スコッチウイスキーエクスペリエンス(The Scotch Whisky Experience)へ


さて、今回の本題はスコッチウイスキーエクスペリエンスでしたね。このスコッチウイスキーエクスペリエンスは世界的にも有名で様々な国から訪れた観光客で賑わっていました。人気ぶりは、公式サイトからも感じとることができます。


サイトが21カ国もの言語に翻訳されています。
世界中から人が集まってくると知って、一段と期待が高まりますよね。

スコッチウイスキーエクスペリエンスでできること


紹介動画を見つけることができたので、参考にしてみてください。動画と実体験をもとに、できることを簡単にまとめてみました。

  1. ウイスキーの醸造過程をアトラクションから学ぶことができる
  2. 異なるウイスキーのテイスティング体験ができる
  3. 世界最大規模のウイスキーコレクションを見学することができる

ツアーは、プランが複数用意されています。グレードによって含まれる内容は変わってきますが、主に楽しむことができる体験内容は、この3つうぃベースにして考えておきましょう。スコッチウイスキーエクスペリエンスの公式サイトからは、より詳しい内容を見ることができます。

ツアーの最後には、お土産としてテイスティンググラスもいただくことができますよ。

詳しい内容は、The Scotch Whisky Experience(https://www.scotchwhiskyexperience.co.uk/tour-experiences)こちらから。

スコッチウイスキーの違いを知る


まず始めにアトラクションを通して醸造のレクチャーを受けることになります。このアトラクションもなかなか体験することのない形のアトラクションなので、非常に刺激的でした。その後には、テイスティングが待っています。

今回Conpannaは一番安いツアーに申し込んだため、テイスティングは1種類のみ。ツアーのコースによっては複数種類のウイスキーを飲み比べることができます。
実際にテイスティングをしたのはSPEYSIDEのウイスキー。紙の上に置いてレクチャーを受けます。

早く飲みたい!という気持ちが先行しますが、ツアー時にはここではまだ飲むことができませんでした。レクチャー後に、世界最大規模のウイスキーコレクションがある部屋へ移動してからいただきます。

所狭しに並べられたウイスキーボトルを眺めながらスコッチウイスキーを愉しむ


一体何本あるのだろうかと目を疑うような空間が目の前に広がっているのがスコッチウイスキーエクスペリエンスのコレクション部屋です。なんとその総数は、3,384本にも及びます。あまりの数に圧倒されてしまいました。

お酒を口にしなくても、その美しさとウイスキーボトルの量に酔いしれてしまいそうですよね。この部屋でテイスティングのレクチャーを受けながら、ウイスキーをいただきましょう!

最後に


もしもウイスキーが苦手な方であっても、エディンバラへ旅行の際にはぜひ訪れていただきたいスコッチウイスキーエクスペリエンス(The Scotch Whisky Experience)のご紹介でした。

Conpannaは最近になってからウイスキーが飲めるようにはなったものの、当時は大のウイスキー嫌い。なかなかあの風味が好きになれなかったんです。そういう方も意外と多いのではないでしょうか?

次回は、ウイスキーについての知見もご紹介できたらと思います。

(Visited 56 times, 1 visits today)

You may also like