香りで空間を演出する。「CULTI(クルティ)」のLinfa(リンファ)ディフューザー

by Conpanna
303 views
クルティ


香りで高めるモチベーション。

「やる気」というものは自分の中から湧いてくるもののように感じますが、実は外からやってくるもの。
新しいものとの出会いや、旅先での非日常的な体験など、外的刺激によって新しい感情が生まれて来るもので、手っ取り早いものとしては、本を読むということも。

ビジネス界におけるリーダーと呼ばれる人々を見てみても、総じてモチベーションが高く、意識が市場や顧客、社会といった「外」を向いているようです。外的要因に触れることによって、多様かつ無限大な報酬を獲得し、モチベーションを際限なく高めることができるようです。

「もしドラ」で有名なドラッカーも外的要因に触れて、モチベーションを高めるという視点からパラレルキャリアの有用性を提唱しています。

香りで気持ちをリフレッシュCULTI(クルティ)のディフューザー


友人と食事に行ったり、新しい人やものと出会ったり、常に刺激に富んでいられるような環境作りに励んでいるものの、部屋の中でもいい刺激を受けていきたいものです。

季節に合わせて、手頃に変えられるような空間を演出してくれるインテリアはないかなと探していたところ、アクタスのスローハウスで偶然見つけたのが「CULTI LINFA(クルティ リンファ)」でした。

「香り」で人々のライフスタイルをもっと豊かにしたいと考え、創設されたCULTIはイタリアのフレグランスブランド。ブランド名には「洗練された暮らしの追求」「快適であること」という意味が込められており、香りだけにとどまることなく五感すべてに訴えかけるアイテム作りをしているブランドです。

13種類の香りを展開しているのですが、どの香りも個人的にとても好みで、季節によって空間の演出を変えていくことができそうです。

香りもコーディネートするファッション。「AGONIST(アゴニスト)」ブルーノース(紺碧の極北)】のように人間の五感にフォーカスを当てて作られているブランドで、学生時代に五感のマーケティングを研究していた僕にとっては、ぴったりなコンセプトのルームフレグランスでした。

世界の一流を魅了するCULTIの香り


「CULTI」は独特の世界観をもち、進化を続ける”香り”のブランドとして世界各地で取り扱われています。
個人での使用はもちろんのことですが、発祥の地でもあるミラノや、ローマ、フィレンツェなどのイタリア主要都市にある5つ星ホテルにおいても、客人をもてなす「香り」として使われているとか。
実際に様々な香りを試してみましたが、どれも洗練された透明感のある香りで、評判の高さには納得です。

CULTI(クルティ)の”呼吸するように香る”スティックタイプのフレグランスディフューザー


CULTIのディフューザーはスティックタイプ。スティックには、籐(とう)が使用されています。籐は放出発散性が良く、木々が呼吸をするように、ゆっくり、ふんわりと香りを放ちます。ミストタイプのフレグランスには演出できない香りの表現を可能にしているようです。

ボトルはシンプルで美しい佇まい。ボトルサイズは様々あるのですが、こちらは2-3ヶ月の分量が入ったタイプ。季節の変わり目に香りを変えていく使い方にはもってこい。

天然成分から生まれるCULTI(クルティ)のラインナップ


スティックタイプのルームフレグランスには、『CULTI STILE(クルティ スタイル)』と『CULTI DECOR(クルティ デコール)』という、異なる香りのコンセプトを持つ2種類のラインナップがあります。

CULTI STYLE

クルティのブランドコンセプトを体現しているスタンダードライン。白とライトグレーを基調色とし、軽やかでスタイリッシュなデザインを特徴としています。カシスリーフやホワイトムスクなど、数種類のフローラルな香りをブレンドした軽やかな「布」をイメージした「TESSUTO(テシュート)」、ベルガモットやミモザなどをブレンドした、爽やかな香りの「AQQUA(アクア)」、地中海沿岸をイメージし、オレンジやレモンの木々のような柑橘系の香りが印象的な「ARAMARA(アラマーラ)」など、6種類の香りのラインナップです。

CULTI DECOR

創業者のA・アグラーティの理想とする「美」を追求したラグジュアリーなライン。ブロンズを基調とした重厚でエレガントなデザインが特徴的。煎茶やアールグレイの香りづけに用いるベルガモットがブレンドされた日本人にもなじみ深いお茶の香りが特徴の「THE(テ)」、深海をイメージしたムスク系のすっきりとした香り「MAREMINERALE(マーレミネラーレ)」、木々に実る白スグリの爽やかな香りが広がる「LINFA(リンファ)」など、5種類のラインナップ。

アクタスで購入

今回購入した「LINFA(リンファ)」は、創業者のA・アグラーティの理想とする「美」を追求したラグジュアリーなラインの逸品でした。他の香りも非常に魅力的。国内の販売店はアクタスだけの取り扱いです。

身に纏う香りもチェック


この記事ではルームフレグランスを紹介しましたが、ファッションとして楽しむ香りも書いてます。
香りもコーディネートするファッション。「AGONIST(アゴニスト)」ブルーノース(紺碧の極北)

(Visited 649 times, 1 visits today)

You may also like