lohas beans coffee(ロハスビーンズコーヒー)のコロンビア×HARIO V60|元スタバ店員のコーヒーのある暮らし

by Conpanna
162 views
ロハスビーンズコーヒー

ロハスビーンズコーヒー
コーヒーではじまる休日の朝の時間。

フルーティーな酸味の中にどこか丸みのある甘みを感じる。そんなコーヒーと出会うことができたので、休日の朝にのんびりとドリップを楽しむことにしました。

lohas beans coffee(ロハスビーンズコーヒー)のコロンビア

ロハスビーンズコーヒー
今回、僕が購入したのはlohas beans coffee(ロハスコーヒービーンズ)のEL POLVENIR 100% COLOMBIANOというコロンビアのコーヒー豆。南青山にあるスペシャリティコーヒーのお店で、コロンビアの良質なコーヒー豆を取り扱っています。

コロンビアの中でも、農園が異なる複数のコロンビア豆をブレンドした、ブレンド豆をはじめとしたラインナップ。僕が選んだのは、その中でもシングルオリジンとして販売されているものです。

Today’s Drip Recipe


EL POLVENIR 100% COLOMBIANO 20g

南アルプスの天然水 360ml(94℃)

Hario V60 Dripper

Extract time 2:14

ロハスのコーヒー豆を20g

ロハスビーンズコーヒー
今回は2人分をドリップ。お気に入りのスケールアカイアパールで、20gのコロンビア豆を計量します。このアカイアのデジタルスケールは、ブルーボトルコーヒーをはじめとしたコーヒーショップで使われているもの。
レシピのデータを蓄積しておくことができるため、自分好みのレシピを作っていくことができるスグレモノ。

甘みと酸味のバランスを活かすためにHARIO(ハリオ) V60でドリップ

ロハスビーンズコーヒー
EL POLVENIR 100% COLOMBIANOの風味は、オレンジやライムのような柑橘系のフルーティーさをもつフレーバー。テイスティングをした際には丸みのある甘みも感じられたので、HARIO V60で少しゆっくりとドリップすることに。丸みのある甘みと酸味を感じられるようなレシピにしました。

ロハスビーンズコーヒー

粒が揃った綺麗なコーヒー豆で、品質の高さが感じられます。

ロハスのコロンビアの挽き具合は4.5

ロハスビーンズコーヒー
僕が使っているのは、カリタのナイスカットミル。
ロハスビーンズコーヒー
今回は4.5の中挽きにセットしてグラインドをすることに。
ロハスビーンズコーヒー
柑橘系の果実を思わせる香りと、ほのかな甘みが部屋の中に広がります。V60用のペーパーフィルターにセットして、いよいよドリップへ。

アカイアパールをセッティング

アカイアパール
ドリップをする前にしっかりとアカイアのコネクトも確認。

lohas beans coffee(ロハスビーンズコーヒー)のコロンビアをドリップ

ロハスビーンズコーヒー
お湯の温度は94℃で、今回は南アルプスの天然水を使ってドリップコーヒーを抽出することにしました。
ロハスビーンズコーヒー
焙煎されて間もないお豆で鮮度も良く、綺麗に膨らんでくれます。

EL POLVENIR 100% COLOMBIANOをテイスティング

ロハスビーンズコーヒー
ドリップが終わった後には、自分の言葉でしっかり表現するということもコーヒーの楽しみのひとつ。

今回ドリップした「EL POLVENIR 100% COLOMBIANO」はオレンジのような酸味を感じるものの、どこかジャスミンの花のようなフローラルさも。V60でドリップしたことによって丸みを帯びた甘さも感じられ、まろやかな口当たりに。

朝の一杯から始める休日

ロハスビーンズコーヒー
休日の始まりにちょっぴり早く起きて、豊かな朝を過ごしてみる。なかなか平日は時間が取れないものですが、少しの変化で休日の楽しみも増えるものですよ。

今回使った僕が愛用するコーヒー器具たちはこちらから。

ほかのCoffee記事も読む
(Visited 246 times, 1 visits today)

You may also like