ハナウマ湾がお魚天国!オアフ島で随一のシュノーケリングスポットをお魚画像と動画で紹介

by Conpanna
45 views


こんにちは。カメラと旅するバリスタConpanna(@d.conpanna)です。

美しい海の青と、眩しいほどの太陽の陽射しが差し込むビーチリゾート。非日常を愉しむ場の選択肢として、夏だけと言わず、季節が変われど恋しくなるものです。
そんなビーチリゾートでも、南国リゾートといえば真っ先に思い浮かぶのがハワイではないでしょうか。

有名な海外ガイド誌『地球の歩き方』の調査では、『2017年はココに行きたい!人気旅行先ランキングTOP20 (海外編)』で堂々の一位を獲得していました。

さて今回は、記事を執筆しながら、頭の中はすでにオアフ島へ飛び立ってしまっているConpannaが魅力的な情報をお伝えしていきます。

ハナウマ湾とは


ハナウマ湾は、オアフ島東南部に位置する抜群の透明度を誇るとされているビーチです。死火山の噴火口に海水が流れ込み、侵食してできた馬蹄型の入江で、自然保護区として管理されているほど。英語ではHanauma Bay Nature Preserveと表記され、ビーチのように思われるものの、あくまで湾という認識の方が良さそうです。そのため普通のビーチと比較すると、岩やサンゴ礁が多いのが特徴でもあります。

アクセスは、ワイキキからは車で25分ほど。公共の交通機関を使っても容易にアクセスすることが可能です。

Conpannaが訪れた際には、レンタカーを借りていなかったため「THE BUS」と呼ばれる公共のバスを使って行きました。ハナウマ湾行きのバスは、22番バスです。ワイキキから乗り換えなしで簡単にアクセスできます。

バスでオアフ島観光を楽しむ方は、DABUSのアプリをインストールしておくことを強くオススメします。
https://itunes.apple.com/jp/app/dabus2-the-oahu-bus-app/id1117179614?mt=8

ハナウマ湾の特徴を記載しておきます。

  1. 自然保護区として管理されている美しいシュノーケリングスポット
  2. レンタカーならワイキキから25分でアクセス可能
  3. バスなら22番バスで乗り換え不要

入場料が必要な有料自然保護区


ハワイの他のビーチとは異なり、ハナウマ湾では入場料が必要になります。現地のスタッフにお話を伺ったところ、自然保護区として厳重な管理を行っているため、自然保護料として活用しているとのことでした。
自然保護区で色鮮やかな魚達と泳ぐことができるとは、ここハナウマ湾だからこそできる体験ではないでしょうか。

入場料金は、大人一人当たり$7.5でした。12歳以下の子供は入場料が無料ですが、チケットブースで『NON RESIDENT MINOR(ハワイ非住居者の子供)』としてカウントされます。

チケットを手にして、入場も目前に迫ります。期待に胸を膨らませて、入場口へと向かいましょう。

ビーチに行く前にレクチャー動画の視聴を


いざ入場と思いきや、ビーチに入る直前には動画でレクチャーを受ける必要があります。自然保護区として生態系が厳しく管理されているハナウマ湾では、10分程度のレクチャー動画の視聴が義務づけられていました。ハナウマ湾での生態系や、地形のなり立ち絵を紹介した動画が放映されます。
ここも他のビーチとは異なるポイントですね。

レクチャー動画は、英語で放映されます。日本語の同時通訳レシーバーを無料で借りることができるので、英語に自信がない方も安心してくださいね。(半年以内に一度来たことがある方は、動画の視聴をパスすることができます。)

レクチャーを済ませたら、いよいよハナウマ湾へ入場です。

島随一の透明度!ハナウマ湾でシュノーケリングを満喫する!


目の前に広がる海の青。晴天に恵まれれば、太陽の陽射しが最高の演出をしていること間違いなしです。
ワイキキビーチでも、ラニカイビーチでもカイルアビーチでもなかなかお魚に出会えないというのが現実でしたが、ハナウマ湾はまるでお魚天国のようでした。


少し泳げば必ず魚に出会うことができるはずです。あたり一面、美しい魚たちが泳ぎ周り、チョウチョウウオやツノダシをはじめ数多くの熱帯魚を見ることがができました。

こちらの動画でハナウマ湾の透明度、色鮮やかな魚たちの様子を紹介しています。ぜひ高画質で視聴して見てくださいね。

運が良ければ、ウミガメに出会えることもあるようですが、Conpannaが訪れた日には、残念ながらウミガメに出会うことができませんでした。

ビーチでの貴重品管理について

最後に、貴重品管理が気になるという方もいらっしゃるかと思いますので、ご紹介したいと思います。
ビーチにはレンタルショップがあり、そこにはロッカーも備え付けられています。スタッフに預けると、南京錠でしっかりとロックしてくれるので安心してハナウマ湾を満喫することができます。
小さいロッカーが$8、大きいロッカーは$10で借りることができました。シュノーケルや足ヒレも各$10以下でレンタルすることが可能です。

レンタルの際には、クレジットカードや現金でデポジットが必要となるので、現金のみ持ち歩いている方々は少し余分にお金の準備があると良さそうです。

最後に


オアフ島には、ラニカイビーチやカイルアビーチといった美しいビーチが存在しますが、シュノーケリングといったらハナウマ湾で決まりです。
実際に訪れてみると、透明度の高さと魚の豊富さに感動すること間違いなしです。

今回は、オアフ島観光の際に絶対に外せない観光スポットでもあるハナウマ湾を紹介しました。
みなさんもぜひ訪れてみてくださいね。

(Visited 65 times, 1 visits today)

You may also like