秋の始まりに京都へ旅する。

蝉の鳴く夏の景色も終わりを告げ、気づけば季節は秋への移り変わり。カメラを片手に京都へふらっと景色を眺めに行ってきました。

旅の相棒はお気に入りのα7RⅲとSEL24-105Gのレンズの組み合わせ。映し出せない景色はないんじゃないかというくらいに、美しい景色を切り取ってくれました。
夏の終わりに手に入れたMinolta-XDとも、そろそろ旅に出かけてみたいものです。

始まりは叡電から


6時47分初の新幹線のぞみに乗り込み、京都へ。まずは今まで訪れることができていなかった貴船神社へ向かいました。叡電に揺られ、のんびりと。



「ぼくは明日、昨日の君とデートする」の舞台ともなった叡電。大好きな小説なだけあって、わくわくが隠しきれませんでした。少し暑さが残るこの日に、宝ヶ池を訪れると、水面を吹き抜けるそよ風がとても心地の良いものでした。

貴船の風景を切り取る





緑豊かな地に、赤が綺麗に生える貴船神社。凛とした澄みきった自然の中には、とても穏やかな時間が流れていました。そこにいるだけで時間の流れがゆっくりに感じ、リフレッシュすることができました。来年の夏には、川床へも訪れてみたいものです。

京料理のフレンチコースでお腹を満たす




お昼に立ち寄ったのは、湯葉フレンチのレストラン。京都の手作り湯葉とフレンチの組み合わせが魅力的でした。

瑠璃光院へ向かう



瑠璃光院へ向かう際に渡る橋の上から高野川を撮影。水質が染色に適しているため、下流では友禅染が行われているそうです。


青紅葉の景色が美しい瑠璃光院へ、今年も訪れてきました。瑠璃光院(るりこういん)のある八瀬という地は、昔より安らぎの場所、保養の場所として知られていたそう。

鴨川デルタから一本橋を通って八坂神社へ



下鴨神社の『糺の森(ただすのもり)』の先端に位置する「鴨川デルタ」。パワースポットでも名高い世界遺産・下鴨神社のご利益が授かれそうですね。



一本橋を眺めて、陽も落ちた頃に八坂神社へ。提灯の灯りがとても良い雰囲気を演出していました。

美しき八坂の塔のある景色


二寧坂を通って、スタバで一休み。最後に八坂の塔のある景色を納めて、京都散歩1日目を締めくくりました。

おわりに


紅葉の京都もいいものですが、少しだけ時期をずらしてのんびりと京都を愉しむのもいいものです。今回は、1日分の京都散歩を紹介してみました。残りの写真もまだまだあるので、インスタグラムやFormed Doppio内で紹介できればと思います。

旅のカメラ:SONYα7Rⅲ(SEL24-105G)

旅のオトモはα7Rⅲに24-105Gを。
カメラと旅する際のお気に入りの逸品。

(Visited 69 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

Conpanna

木村 優輝 / Conpanna(コンパナ) カメラと旅するバリスタ。学生時代よりコミュニケーションデザイナーとして、デザイン制作やマーケティング活動を経験。現在はストラテジックプランナーとして、様々な課題解決に励む。