おしゃれは足元から。

本日も”Formed Doppio”をお読みいただきありがとうございます。カメラと旅するバリスタConpanna(@d.conpanna)です。

おしゃれな人は足元にも気を使っているという意味合いの言葉かと思っていたのですが、また違った意味合いも込められているようでした。首まわり、裾、袖など「先端」は視線が集中するポイントであり、体の最先端に位置する足に着用するのは、シューズです。特に足元は頭の次に目線が集中するようです。
ということは足元の印象で全体の印象はガラッと変わってくると言うこともできそうですね。

以前からレザーシューズを愛用しており、ヴィンテージのシューズを探している時期もありました。年代によって革の質や木型の違いが顕著に現れ、一足のシューズから様々な背景が読み取れるという面白さも兼ね備えているのですよね。

少し話がそれてしまいましたが、今回はクロケット&ジョーンズのチェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)を購入したので、そのご紹介をしていこうと思います。

探し求めた理想のクロケット&ジョーンズのチェルシーブーツ

長い間、模索し続けていたチェルシーブーツ探しの旅にもようやく終わりが訪れました。
木型が美しく、レザーの質も良し。フィッティングもぴったりで長く履いていけると確信できるチェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)を購入しました。

「CROCKETT&JONES(クロケット&ジョーンズ)」という英国の老舗レザーシューズブランドから発売されている「CHELSEA9(チェルシー9)」という名前のチェルシーブーツ(サイドゴアブーツ)です。

クロケット&ジョーンズのサイドゴアブーツのラインナップは、スクエアトゥの「チェルシー3」や、9よりもさらに丸い「チェルシー5」など、ラストの違いでいくつかあるようですが、今回はラスト318の「チェルシー9」になります。

今回購入したモデルは、バーニーズニューヨークの限定モデルということもあり、実用性に優れたデザイン。

チェルシー9のアッパーレザーにはカーフの撥水レザーが使用しており、ソールはシングルラバーソール。ラバーソールながらもドレッシーな外観が魅力的です。

ラスト318のクロケットのチェルシー9

ドレスシューズの外観を決めるものといえば、木型。ロンドンのジョンロブを訪れた際には、美しい木型が数多く並んでいました。

時代によって木型の形が変化しているのですが、その時代にどのような形状が美しいとされていたのかということが見受けられます。歴史を遡ってみても、足元の装飾はかなり重要視されていたということがわかります。

今回のラスト318はクロケットのラストの中でも珍しいモデル。ラウンドトゥ(エッグトゥ)で丸みを帯びつつも、ややスクエアな印象もあり、ドレッシーでモダンな雰囲気のラスト(木型)となっています。実際に履いてみると、シンプルな作りながらエレガントで足元を美しく演出してくれました。

画期的なワックスカーフ

チェルシー9のアッパーに使用されているレザーは、ワックスを塗り込んだ上質な艶のカーフ。撥水性を持ち、また汚れにくいという点も特徴的です。

チェルシーブーツを探し求めているときに、様々な革靴を見てきたのですが、クロケットのチェルシーブーツの質感は非常にきめ細やかで柔らかく、皺の入り方も繊細な印象でした。これから長い時間をかけて履き込んでいきたい一足になりそうです。

クロケット&ジョーンズ独自開発のCity Soleでドレッシーに

ソールは、クロケット&ジョーンズが独自に開発したシティーソール。シングルレザーソールが似合う内羽根のキャップトゥやローファーのために使用されているラバーソールがこのチェルシー9にも使用されています。

スマートさと実用性を兼ね備えたラバーソールがドレッシーさを保ってくれています。

サイズは8 1/2


今回、購入したのはバーニーズニューヨークの別注モデル。トリッカーズは9 1/2を履いているのでサイズには以前から不安がありました。

入荷に備えてあらかじめ8 1/2の別のクロケットジョーンズのシューズを試着し、入荷後には取り置きをして頂きました。
履き始めは少しぴっちりとしたマイサイズをチョイス。これからが楽しみな一足になりそうです。

バーニーズニューヨーク銀座店で購入

バーニーズニューヨーク銀座店での購入です。銀座SIXのBRITISH MADEでチーニーのサイドゴアブーツやチャーチのサイドゴアブーツを見ていたのですが、カジュアル色が強かったり、フィッティングが合わなかったりと中々ベストな一足に出会うことができませんでした。
チャーチのサイドゴアブーツは少し丸みを帯びているシルエットが特徴的。ラバーソールで日常使いには持ってこないものの、クロケットジョーンズと比べると、ラバーの厚みが気になってしまい、断念してしましました。

毎日のお出かけをより楽しく

家を出るときにお気に入りのシューズを履いて、すっきりした気持ちで一日の始まりを迎える。
自分の気落ちをあげるモノを身にまとっていると、日々のパフォーマンスも上がってくるものです。

外に出るのが楽しくなり、長い間履いていけると考えたら安い買い物でしょう。
周りには、お気に入りの素敵なモノをたくさん置いて、自分らしく生きていきたいものです。

全く同じ商品はなかったのですが、クロケットジョーンズのチェルシーブーツは見つかったのでおいておきます。

(Visited 475 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

Conpanna

木村 優輝 / Conpanna(コンパナ) カメラと旅するバリスタ。学生時代よりコミュニケーションデザイナーとして、デザイン制作やマーケティング活動を経験。現在はストラテジックプランナーとして、様々な課題解決に励む。