ほんのり香るコロンビアのフローラルさとブラウンシュガーを思わせる風味が特徴的。

今日のコーヒーは、STARBUCKS RESERVE ROASTERY TOKYO(スターバックスリザーブロースタリー東京)の コロンビア ペドレガル。
先日中目黒の地にオープンした、スターバックスの旗艦店でもある「STARBUCKS RESERVE ROASTERY」で焙煎したてのお豆を調達してきました。

1年前にシアトルのロースタリーで飲んだ、焙煎したてのリザーブ豆の風味が忘れられず。
やはり焙煎して間もないお豆は鮮度が高く、風味もより豊かに感じられます。
感じられるアロマはフローラルでいて、ファーストインプレッションはレモンのような明るさ。 最後には、ブラウンシュガーを思わせる香ばしい甘みが口いっぱいに広がります。

スターバックスリザーブロースタリー東京 コロンビア / ペドレガル


ぺドレガルのお豆はリザーブストアで以前に取り扱いがあったので、購入したことがありました。
今回はそんなお豆が焙煎仕立て。なんとも贅沢なものです。
中煎りのお豆で香ばしいブラウンシュガーを思わせる香りの中に、コロンビア特有のフローラルさを感じます。


生産国:コロンビア
農園名:マラパール海岸付近
地域:カウカ県 ペドレガル地区
標高:1,700-1,900m
プロセス:水洗式



コーヒースクープは、シアトルのリザーブロースタリーを訪れた際に購入したもの。
今まで大切にしまっていたのですが、この機会に使ってみることにしました。

お豆の挽き具合は、カリタのナイスカットミルで4.5の挽き目です。
ドリッパーには、クリスタルドリッパーを使いました。

ピエールマルコリーニ / タブレットインディア


そんなコロンビアぺドレガルのペアリングのお相手は、
ピエールマルコリーニのタブレットインディア。

希有なインド産のカカオを使用したタブレットインディアは
カカオの風味の中に、甘みのある風味を感じられるチョコレートです。


軟水を使ってゆっくりとドリップ。
新鮮なお豆は、やはりしっかりと膨らんでくれもので
淹れている時間も楽しませてくれます。

リザーブロースタリー東京で購入してきたダブルウォールグラスで頂くことにしました。
ペアリング用のお皿は、春を感じさせる模様のものをチョイス。

コロンビアぺドレガルのブラウンシュガーのような風味が、ピエールマルコリーニのチョコレートによってうまく引き立てられ
深い味わいの中に、華やかな香りと甘みのある風味を楽しむことができました。

さて、桜の季節ももうすぐそこに。
今年の春は、桜の写真をたくさん撮って春を満喫したいものです。

(Visited 154 times, 1 visits today)
The following two tabs change content below.

Conpanna

木村 優輝 / Conpanna(コンパナ) カメラと旅するバリスタ。学生時代よりコミュニケーションデザイナーとして、デザイン制作やマーケティング活動を経験。現在はストラテジックプランナーとして、様々な課題解決に励む。