CHEMEX(ケメックス) コーヒーメーカー 3カップ|シンプルで完成されたコーヒーメーカー。

by Conpanna
99 views

ケメックス
フラスコから着想を得たコーヒーメーカー。

コーヒーのドリップは追求していくと科学の実験のようなものに思えるものです。僕はその抽出に関わる各要素を調整して、飲み手に合わせた一杯を演出するのが好きです。
バリスタとして調整できる要素は、主に抽出時の水(温度や硬度)、挽き具合、抽出方法。生産地から遡るのであれば、産地(土壌や標高、水質)、加工過程(水洗式、乾燥式)など、まだまだ変動的な要素は数多く存在しています。

コーヒーの最終提供者として、調達されたコーヒー豆を届けるのがバリスタの使命でもあり、コーヒーに関わる人々の想いを汲み取って最適な一杯を届けていきたいもの。

僕は数多くのドリッパーを保持しているのですが、気になっていたCHEMEX(ケメックス)のコーヒーメーカーを手に入れたので、早速ドリップしてみました。


CHEMEX(ケメックス)コーヒーメーカー3カップ

ケメックス
僕が今回購入したのは、3カップ用のCHEMEX(ケメックス)コーヒーメーカー。基本的なCHEMEX(ケメックス)のコーヒーメーカーには3カップと6カップがあって、サイズの選定には随分と迷いましたが、最終的に3カップを購入しました。

シンプルな中にどこかサイエンスを感じるCHEMEX(ケメックス)3カップのパッケージ

ケメックス
「CHEMEX COFFEE MEKER」は機能面もさることながらデザインも美しいコーヒーメーカー。曲線が美しい本体と、温もりを感じるウッドの持ち手、それを固定する革紐からなるシンプルなデザインは美術的な観点からも評価され、実際にMoMA(ニューヨーク近代美術館)のパーマネントコレクション(永久展示品)にも認定されているほどの逸品。
ケメックス
パッケージの側面にはシンプルな操作説明が記載されています。細かな使い方は、パッケージ内に取扱説明書が入っていました。
ケメックス
反対側の側面には製品の説明がシンプルに記載されていました。

フラスコを感じさせるCHEMEX(ケメックス)3カップのデザイン

ケメックス
パッケージから取り出してみると、フラスコのような形状を持ち合わせたCHEMEX(ケメックス)が。存在感を感じさせるデザインです。
ケメックス
持ち手のウッドも非常に美しく、丁寧に作り込まれている印象を受けました。革紐にもしっかりとしたレザーが使用されています。
ケメックス
フィルターをセットする口部分は美しい円を描きます。
ケメックス
ケメックス本体の底部には、CHEMEXの文字が。

CHEMEX(ケメックス)3カップ独自開発のフィルターを使用

ケメックス
CHEMEX(ケメックス)には一般的なフィルターが合わないので、独自開発されたペーパーフィルターを使ってドリップ。ペーパーは2種類販売されていて、今回使ったものは円形のもの。
ケメックス
パッケージの裏面には、シンプルな説明書きも。
ケメックス
説明書きを参考に、ペーパーフィルターを作成しました。織り目が重なるので、従来のペーパーフィルターと比較すると厚みが出るのが特徴です。
ケメックス
本体にセットしてみると思っていたよりも小さなフィルター径で、その分高さがあるのが印象的でした。

CHEMEX(ケメックス)コーヒーメーカー3カップを使ってドリップ

lohas beans coffee
今回使用したのは、【lohas beans coffee(ロハスビーンズコーヒー)のコロンビア×HARIO V60 | Conpanna Drip Style】でも使用した、lohas beans coffeeのEL POLVENIR 100% COLOMBIANO。リンク先の記事ではHARIO V60を使用してドリップしているので、ぜひ参考にしてみてください。

Today’s Drip Recipe


EL POLVENIR 100% COLOMBIANO 20g


南アルプスの天然水 360ml(94℃)


CHEMEX COFFEE MAKER(3カップ)


Extract time 2:07

CHEMEX(ケメックス)3カップ用の挽き具合は4.5で

ケメックス
愛用のグラインダー「ナイスカットミル」を使って20gのお豆をグラインド。今回の挽き具合は4.5にしました。
ケメックス
一般的なドリップ用の中挽きに値する挽き具合で、フィルターにセッティング。

フィルター径が小さいCHEMEX(ケメックス)3カップ

ケメックス
実際にドリップしてみてより感じたのですが、3カップだとやはりフィルター径が少し小さく感じられました。3カップ用なので、30グラムのお豆をセットすると高さが少し上がってまた変わってきそうです。

CHEMEX(ケメックス)3カップで抽出したEL POLVENIR 100% COLOMBIANOをテイスティング

ケメックス
綺麗に澄み渡ったコーヒーが抽出され、部屋の中にはコロンビアのもつ酸味の中に甘みを感じさせる芳香が。
ケメックス
今回は2杯分の分量の360ml。3カップ用という事もあって540mlが限界のようですね。
ケメックス
注ぎ口にそって溝が入っているので、溢れる心配もありませんでした。
ケメックス
実際にテイスティングをしてみると、すっきりとした味わいがよく出るかと思っていた反面、しっかりと丸みを帯びた甘みがよく抽出されていました。フィルター径が小さいおかげで、水分に接するコーヒー豆の水分量が増えたからかもしれません。バランスのとれたコーヒーが抽出されていました。
詳しい風味は【lohas beans coffee(ロハスビーンズコーヒー)のコロンビア×HARIO V60 | Conpanna Drip Style】から。

CHEMEXを取り入れたシンプルな暮らし

ケメックス

デザインはもちろんのこと、機能性の面でも非常に優れたコーヒーメーカーでした。次回は3カップの分量でドリップをして、味の変化を楽しんでみようと思います。

僕は楽天から購入しました。

ほかのCoffee&Mono記事も読む
(Visited 416 times, 1 visits today)

You may also like